ヨガで下っ腹がへこむ!?自宅で出来る簡単ダイエット!!

シェアする

女性なら誰もが憧れる綺麗なくびれ
あなたも出来る事なら下腹を引っ込めて薄いお腹を作りたいのではないでしょうか。

でも筋トレは辛いし、ウォーキングやランニングは続かない。
そもそもダイエットに割く時間がない! なんて方もいるのでは?
そんなあなたにオススメするのが自宅でも簡単に出来るヨガです。

ヨガはダイエットや体のシェイプアップだけでなく、女性には嬉しい様々な効果があります。

今回は少し時間のある時や寝る前に布団で行える簡単なヨガポーズを紹介していきます。

ヨガで体重は落ちるの?

ダイエットといえばまず気になるのが体重ですよね。
ついつい毎日体重計とにらめっこしてしまいがち。

【ヨガ 体重】で検索をかけると「体重が減らない」や「余計に増えた」などという意見が一定数あります。

確かに、ヨガをしても必ず体重が減るという訳ではありません。
だからといってヨガは痩せないのかというと、そんなことは断じてありません!!

ヨガは、筋肉にアプローチをかけているので、筋肉が増え脂肪が減っても体重に反映されにくいのです。
筋肉量が増える→代謝が上がる→痩せる
という3つのプロセスを踏んでいるので、運動がすぐに体重に繋がるわけではないのです。

しかし体重が減る事だけがダイエットではありません。
体重が減らなくても、筋肉が引き締れば見た目は変わります。

ダイエットの目的は体重を減らす事ではなく綺麗になる事ではないでしょうか⁇
その目的には、ヨガがピッタリと言えるでしょう。

私もヨガを始めて2ヶ月、体重にそう変化は無かったものの、ぽっこり出ていたお腹は半分以下になりました。

ヨガでくびれは作れます‼︎

ヨガでインナーマッスルを鍛える

近頃よく耳にするインナーマッスル、名前だけ知ってるという方も多いのではないでしょうか⁇

簡単に説明すると、体の最深部にある筋肉がインナーマッスルです。
インナーマッスルは、体の体幹を成していて、骨盤の周りに多く存在しています。

実はこのインナーマッスルは、普段の動きや普通の筋トレでは鍛えにくいものなのです。
私たちが立ったり座ったり歩いたりする時に使う筋肉は、表面で動いているものが圧倒的に多いのだそう。

このインナーマッスルを鍛えると、姿勢が良くなり、骨盤や内臓もあるべき場所に戻ります。
骨盤や内臓が正しい位置に戻ると、自然に下腹は凹みます。

ヨガはそんなインナーマッスルを刺激するのにとても効果的な運動といえます。

インナーマッスルを鍛えると代謝が上がるので、同じ生活をしていても消費するカロリーが変わってきますよ‼︎

「体を引き締め」「お腹が凹み」「姿勢が良くなる」
インナーマッスルを鍛えると、ダイエットには嬉しい効果がたくさんです。

下腹に効果のあるポーズ

お腹を痩せたいなら「縮める」「捻る」「凹ませる」という3つが大切になります。
常に意識はお腹に向けて、お腹に力を入れたまま胸式呼吸でヨガをします。

ヨガは呼吸法もとても大切です。
深く息を吸う事によって横隔膜を動かし、インナーマッスルに働きかけます。

深い呼吸が出来るようになると、心身ともにリラックスでき、疲労回復にもつながります。
呼吸することを忘れずに、ポーズをとっていきましょう。

①コブラのポーズ

コブラのポーズは寝たままでも出来る簡単なポーズです。

【1】うつ伏せに寝転びます。
両手は体の前の方で重ねて、枕を作ります。
手で作った枕に頭を乗せて、ゆっくり呼吸を繰り返します。
全身の力を抜いて、踵は外側に倒しておきます。

【2】寝転んだまま、両手を体の横に置きます。
手のひらを下にして、指先はバストのトップライトに来るように、肘を後方に見せるように意識します。
脇はしめて、体と密着させます。

【3】肘を後ろに引いて、上体を起こします。
お尻の力は抜いて、なるべく上半身の力だけで起き上がります。
肩甲骨を寄せて、肘は伸ばしすぎないようにします。
そこで呼吸します。息を吸いながら背骨を伸ばし、耳と肩は遠ざけます。
そこで3回、呼吸を繰り返します。

【4】息を吐きながらゆっくりと体を下ろす。
上半身の力を抜いて、深呼吸をします。

【5】息を吸いながら背筋を長く伸ばし、胸を天井に向かって引き上げる。
今度は腕の力も借りて、さっきより胸を高くあげるように意識します。
脇はしめて、お尻の力は抜きます。
そこでも3回、呼吸を繰り返します。

【6】息を吐きながらゆっくりと体を下ろす。
最初と同じように両手で枕を作り、おでこを乗せてお休みします。

このポーズでは、お腹を引き締めるのと同時に、猫背改善の効果もあります。
使った後に筋肉を休める事で、しなやかな体をつくります。

②ねじりのポーズ

ねじりのポーズは、座ったままでもできるポーズです。

【1】まずは足を伸ばし、長座で座ります。
お尻のお肉をかき分けて、骨盤を立て坐骨で床を踏みます。

【2】片方の膝を立てて曲げ、伸ばしている足の外側に足裏を置きます。
もう片方の膝も曲げ、立てている方の足のお尻の横に置きます。
この時、踵がお尻の下に入らないようにしましょう。
立てている方の足裏ではしっかり床を踏みます。

【3】曲げて寝かしている足側の手を、立てている膝の外側におきます。
肘と膝で押し合うようにします。
反対側の手はお尻の後ろについて、肩を落とします。

【4】息を吸いながら背筋を伸ばし、吐きながら体を後ろにねじります。
吐く息でお腹からねじります。

【5】息を吸って正面を向き、吐いて手足を解放します。
終わったら反対側も行います。

このポーズで腹斜筋に働きかけ、綺麗なくびれを作ります。
体をねじる事によって内臓を元の位置に戻し、動きを活発にしてくれます。

内臓の調子がいいと、体の調子や肌の調子も良くなるので一石二鳥ですね!

まとめ

  • ヨガで体重は落ちないが体は引き締まる。

  • ヨガはインナーマッスルに働きかける。

  • お腹は「縮める」「ねじる」「へこませる」

普通の運動では鍛えにくいインナーマッスル。
これを鍛えて綺麗なくびれを作るのがヨガです。

ヨガは続ける事によって効果があります。
数分だけでもいいのでできるだけ毎日取り入れてみてください。
必ず体に変化はあります!

今回ご紹介した2つのポーズ、是非とってみてくださいね!

 

あなたに「くびれ」はできません!!

・・・今のままだったら。
 

毎日、運動やストレッチをがんばっても、
なかなかお腹の脂肪は落ちないんですよね・・・。

目に見えて効果が出てこないから、モチベーションも続かない・・・。
 

でも、もし飲むだけで「脂肪燃焼させやすくなるサプリ」があったら、
あなたは試してみたくないですか?

脂肪燃焼しやすくなれば、目に見えて効果が出るため、
モチベーションが続いて、ダイエットも楽しくなります。

ダイエットが楽しくなれば、挫折せずに続けることができます。
ダイエットが続けば痩せることができて、念願の「くびれ」もできます!

WEB限定で2,238円引き・送料無料で、すぐに売り切れになるかもしれないです。
試してみたい方は、お早めに!
>>お腹の脂肪を燃焼しやすくする<<