脇腹の贅肉を落とす筋トレ6選を紹介!

シェアする

キュッとくびれたウエスト、憧れますよね。

しかし実は、普通に生活しているだけでは、
脇腹の贅肉を落とすことはできないんです。

脇腹の贅肉を落とすのに、効果的な筋トレを紹介していきたいと思います!

脇腹を引き締めるために必要な筋肉

お腹の中でも、脇腹は特に脂肪がつきやすい部位だと言われています。

なぜなら、脇腹の筋肉は普段の生活ではあまり使われない部分だからです。
筋肉は使わないとどんどん衰えていってしまいます。

脇腹を引き締めるために必要な筋肉は「腹斜筋」という筋肉。
腹斜筋は、体をひねったりするときに使われる筋肉です。

日常生活で、体をひねることってあまりないですよね?
使われることのない筋肉はどんどん衰えて脂肪がつきやすくなってしまうのです。

意識して脇腹を鍛えていかないと、どんどん贅肉が付いてしまいます。

脇腹の贅肉を落とす筋トレは、いろいろあります。
その中で、あなたにピッタリくるものを毎日続けてやってみましょう。

脇腹の贅肉を落とす筋トレ

脇腹の贅肉を落とすのに効果的な筋トレ方法を紹介していきます。

上半身ツイスト

最も基本的な、体をひねる運動です。

①両足を肩幅に開き、ひざを軽くまげて立ちます。

②両腕を体の前で上げて、肘を曲げます。

③上半身を左へツイスト。次に右へツイストします。

左右合わせて30回行います。

ベントレッグツイスト

①仰向けに寝て足を上げます。
このときひざと股関節は90度の角度にして、ひざをピッタリくっつけましょう。

②ひざをくっつけたまま、足全体を右側に倒します。

③ゆっくり戻して、左側にも倒します。

足を倒したときに肩が浮かないようにするのがポイントです。
左右合わせて16回ぐらいからはじめてみましょう。

バイシクルクランチ

①足を立てた状態で仰向けに寝転がります。

②ひざを曲げたまま、太ももが床と90度になるように上げます。

③両足は自転車をこぐイメージで動かします。

④両手を頭の後ろに回し、おへそを見るように頭を上げます。

⑤右ひざと左ひじをくっつけるように上半身をひねります。

⑥逆の手足も同様に行います。

左右合わせて16回ぐらいからはじめてみましょう。

仰向け斜めツイスト

①両足をまっすぐ伸ばして仰向けになり、ひじを肩の真下に置きます。

②左足を45度の角度で持ち上げながら、右腕を体の左側へ伸ばします。

③ゆっくりと開始の姿勢に戻ります。

④反対側も同様に行います。

左右合わせて16回ぐらいからはじめてみましょう。

ロシアンツイスト

①ひざを曲げて床に座り、腹筋運動の体勢をとります。

②両足をそろえたままにして、腕は体から離して合わせます。

③左右に振りながら体をねじる動きをします。

プランク

①うつ伏せになった状態から、ひじを立てて、
上腕を使って頭から足の先までまっすぐな一直線の姿勢を保ちます。

②その状態をキープ。
視線はおへそで、お尻をあげないように気を付けながら行います。

20秒キープします。

まとめ

どの筋トレも、ひねる運動ばかりで
脇腹に効果を感じることができると思います!

はじめは無理をしないで少しずつはじめ、慣れてきてできるようになってきたら、
徐々に回数を増やしていきましょう♪

ウエストがくびれてくるのが楽しみですね♪

 

あなたに「くびれ」はできません!!

・・・今のままだったら。
 

毎日、運動やストレッチをがんばっても、
なかなかお腹の脂肪は落ちないんですよね・・・。

目に見えて効果が出てこないから、モチベーションも続かない・・・。
 

でも、もし飲むだけで「脂肪燃焼させやすくなるサプリ」があったら、
あなたは試してみたくないですか?

脂肪燃焼しやすくなれば、目に見えて効果が出るため、
モチベーションが続いて、ダイエットも楽しくなります。

ダイエットが楽しくなれば、挫折せずに続けることができます。
ダイエットが続けば痩せることができて、念願の「くびれ」もできます!

WEB限定で2,238円引き・送料無料で、すぐに売り切れになるかもしれないです。
試してみたい方は、お早めに!
>>お腹の脂肪を燃焼しやすくする<<