ひねりを入れる!!脇腹の贅肉を取る方法とは?

くびれ・ストレッチ

あなたはお腹周りを気にしてダイエットを開始していませんか?
大体の人がポッコリお腹を気にして始めます。

ここではお腹周りで気になる脇腹の贅肉を減らしてくびれを作る方法を
紹介します!

あなたもキレイなくびれを作ってメリハリボディを手に入れましょう!!

食事制限はダメ×

まず言えることは、脇腹の贅肉はつきやすく落ちにくいです(泣)
なぜなら脇腹の筋肉は普段あまり動かさない筋肉だからです。

しかも脇腹の贅肉を落とす為には、食事制限だけでは非常に難しいんです!
むしろ適度に食べたほうがまだいいです。

なぜなら、お腹周りは内臓に非常に近いので
食事制限をすると代謝が悪くなってしまいます。

代謝以上に重要なことは、内臓に栄養が行かないので内臓自体の働きが悪くなります。
なので、脇腹やお腹周りを含めた活動量も低下してしまうので
逆に脂肪がつきやすくなってしまうんです。

脂肪は活動量が少ない所が好きなので、活動量が少ない所に集まってきます。
なので内臓を動かす程度には普通に食事したほうがいいでしょう。

トレーニングは「ひねり」が効果的!

脇腹の筋肉は普通に腹筋しても全然鍛えられません。

なので同じ腹筋をするにもひねりを取り入れながらやりましょう!

両手を肩の高さにまっすぐ伸ばして、左右にひねってもよいでしょう。
これは意外と普通の腹筋よりきつくなくむしろ気持ちいいので
ぜひやってみてください!!

ウォーキングの時に少しオーバー気味に左右にひねってもいいですね!!

腹式呼吸が大切

脇腹を痩せるために普段から意識したいのが、
お腹全体を鍛える効果のある腹式呼吸です。
特に内側の筋肉であるインナーマッスルを使うので効果は抜群です。

腹式呼吸は横隔膜を下げて肺に空気を取り込んで
吐き出す時に、横隔膜の下にある筋肉を使って吐き出すので
呼吸をしているだけでインナーマッスルを使っているということになります。

インナーマッスルを使っているという事は、軽い筋トレを繰り返しているという事で
その筋トレによって基礎代謝を増やし痩せやすく太りにくい体を作ってくれます。

脇腹あたりを使っていることを意識しながら、ゆっくりと腹式呼吸をしながら行います!
回数は関係なく、いかに脇腹(腹斜筋)を使えているかが重要です。

ここで言えるのは、いかに意識して行うかということです。

まとめ

お腹はペタンコにするだけではメリハリがつかず、キレイに痩せているとは言えません。

脇腹を鍛えることでくびれを作り、よりメリハリのあるきれいな体系になれるといえるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました