夏太り!?脇腹の後ろの脂肪を取るためのエクササイズ!!

シェアする

本当になかなか落ちない脇腹の肉!!

冬は服で隠せるので良かったんですが、これから暖かくなり露出も増える時期になりますよね!

何段腹にもなっていたらもう外出さえしたくなくなります(汗)
海や川へのレジャーも楽しくなくなりますよね。

くびれを作るには腹斜筋を鍛える必要があります。
しかし腹斜筋は普段全然動くことがなく、自分で動かしてあげるしか鍛える方法がありません。

トレーニングの前にまず食事制限

内臓を冷やさないことも大切といえます。
「夏太り」という言葉があります。

暑いと冷たいものを取りがちなので内臓が冷えます。

内臓が冷えると代謝が低下し、
また人間の体は冷えたところを守ろうとするために、冷えてしまったお腹周りに脂肪がつきやすくなります。
夏でもできるだけ暖かい飲み物を摂るように心がけましょう!!

後は夏でも浴槽にお湯をためて入ったり、冷房対策をしましょう!

インナーマッスルを鍛える!

痩せてもくびれができないのには訳があります。

体の一番内側にあるインナーマッスルが弱いと
内臓は重力に従ってどんどん外へ広がっていきます。
このためにメリハリのないフラットなボディラインになってしまうのです。
なのでインナーマッスルを鍛えることから始めましょう!

ウエスト痩せ!脇腹ストレッチ

まずはイスに座って背中をまっすぐ伸ばし、
足は体が安定するようにしっかりと開いて床におろします。
頭の後ろで手を組み、肘をしっかり開いて、スタンバイしましょう!

背中をまっすぐ伸ばしたまま、右足に体重を移して
息をはきながら上体を右側へ、5秒かけて無理なくできるところまで倒していきます。
この時、脇腹の筋肉にゆっくりと緊張を感じましょう。
倒しきったら、息を吸いこみながら、5秒かけて、ゆっくり身体を元の位置に戻します。

右側と同じ要領で、左側に上体を倒していきます。
息を吸いながら5秒かけて、ゆっくりと体を元の姿勢に戻します。

この動作を5回くりかえします。左右それぞれ5回、計10回行います

リラックスタイムに!楽々エクササイズ

まず、右膝を曲げて床につき、左脚はまっすぐ横に伸ばして足の裏を床につけます。

それから右腕をまっすぐ上に伸ばします。

右腕を伸ばしたまま、ゆっくりと左側に倒します。
このとき、上半身が前に倒れないように気をつけくださいね!

痛いけど気持ちいいと感じるところまで右腕を倒したら、
そのまま10秒間キープしましょう。

ゆっくりと右腕を元の位置に戻します。
脚を変え、左側も同じように行います。
交互に3セットを行いましょう。

くびれづくりエクササイズ

寝た姿勢で簡単にできます!

体の右側を床につけて、横になります。
両脚はそろえてまっすぐ伸ばして右ひじを立てて左手はつけ、
上半身を支えながら起こします。

両脚をそろえたまま上げて床から浮かせます。

限界まで上げたらその位置で10秒キープします。

両脚を元の位置に戻します。

体の向きを変えて、左側を下にして横になり、反対側も同じように行います。

まとめ

はじめは少しずつ1セットから。
慣れてきたら徐々に回数を増やしていきましょう。

腹斜筋をつけたりストレッチすることでメリハリのある体を
目指すことができます!!

ぜひ、キレイなくびれをつけて夏のレジャーを思う存分楽しんでくださいね!

 

あなたに「くびれ」はできません!!

・・・今のままだったら。
 

毎日、運動やストレッチをがんばっても、
なかなかお腹の脂肪は落ちないんですよね・・・。

目に見えて効果が出てこないから、モチベーションも続かない・・・。
 

でも、もし飲むだけで「脂肪燃焼させやすくなるサプリ」があったら、
あなたは試してみたくないですか?

脂肪燃焼しやすくなれば、目に見えて効果が出るため、
モチベーションが続いて、ダイエットも楽しくなります。

ダイエットが楽しくなれば、挫折せずに続けることができます。
ダイエットが続けば痩せることができて、念願の「くびれ」もできます!

WEB限定で2,238円引き・送料無料で、すぐに売り切れになるかもしれないです。
試してみたい方は、お早めに!
>>お腹の脂肪を燃焼しやすくする<<