V字X字!?胴回りを細くする方法とは?

シェアする

あなたは毎年、夏までにくびれが欲しいと思いつつ、
ツライ筋トレが続かず、3日坊主になってしまっていませんか?

ここでは寝ながら簡単に誰でも続けられるエクササイズを紹介します!

これから露出が多くなる時期なので、
きれいなくびれラインをつくって周りに差をつけてみませんか?

V字の引き締めでウエストラインにくびれを作る

ウエストラインにはくびれを作る二種類の筋肉があるんです!

おなかを正面に見て、へそを中心にV字を
描くようにあるのが左右両方の「外腹斜筋」というものです。

その「外腹斜筋」と、合わせるとX字になる
のが反対側にある、「内腹斜筋」
両サイドに2ペアずつあります。

まずはV字腹筋から鍛えていきましょう。

上向きに寝転がって、ヒザを曲げたまま床から持ち上げます。
そのヒザの裏に左右それぞれ手を当て、息を吸い込んでいきます。

息を吸ってから吐きながらV字の筋肉を引き締めるよう意識しながら
腕で支えて背中が三分の一程度床から離れるくらいまで体を起こしましょう。

※V字を意識するかしないかではだいぶ違うので、しっかり意識しましょう!

最後に自分の目で体のV字がキレイに出来ているか確認しながら
そのまま深呼吸していきましょう。

これを4回の呼吸を6セットやってみましょう。
説明しているだけだと簡単そうですが、結構腹筋に効きますよ~!!

つらい方は休憩をはさみながらやってみましょう!
きっと日に日に続けてできるようになっていくでしょう。

Xの引き締めでウエストラインにくびれを作る

こちらも上向きに寝転がって、次は左足だけを持ち上げます。

右手の手のひらで持ち上げている左の膝を外側から内側へ優しく持ち、
ひねるイメージで、手のひらは頭の後ろへ当てておきます。

反対側も同じように行います。
このままの姿勢を保ったまま、4回呼吸、今度は8セット行います。

ウエストラインにくびれを作る、背中を反るストレッチ

うつ伏せで寝ます。
上半身を起こしながら腕を立ててのばしていき、
気持ちいと思うところで止めて5秒間キープします。

次に体を右にひねって気持ちのいいところでまた5秒間キープします。

同じように左側も5秒間キープします。
急に戻すと痛めてしまうので、ゆっくり戻しましょう。

【ここでの注意点】
腰痛持ちの方は反りすぎると痛みが出てしまうことがありますので
ゆっくり無理のないようにしてください。

また、体を起こすときに腕をのばすのがつらい方はひじを曲げてしてもいいです。

以上がくびれをつくるエクササイズです!

たったこれだけを継続して毎日行うだけで
くびれができたら最高ですよね!!

まとめ

始めの頃は、すぐに結果が出なくて辛いだけかもしれません。
しかし、続けることによって、次第に効果がでてきます。

Vの引き締めとXの引き締め。
この2つを鍛えて、揺るぎない胴回りの引き締めを手に入れましょう♪

 

あなたに「くびれ」はできません!!

・・・今のままだったら。
 

毎日、運動やストレッチをがんばっても、
なかなかお腹の脂肪は落ちないんですよね・・・。

目に見えて効果が出てこないから、モチベーションも続かない・・・。
 

でも、もし飲むだけで「脂肪燃焼させやすくなるサプリ」があったら、
あなたは試してみたくないですか?

脂肪燃焼しやすくなれば、目に見えて効果が出るため、
モチベーションが続いて、ダイエットも楽しくなります。

ダイエットが楽しくなれば、挫折せずに続けることができます。
ダイエットが続けば痩せることができて、念願の「くびれ」もできます!

WEB限定で2,238円引き・送料無料で、すぐに売り切れになるかもしれないです。
試してみたい方は、お早めに!
>>お腹の脂肪を燃焼しやすくする<<