背中の贅肉の落とし方はどんな方法がある?

シェアする

贅肉と言えば、おなか周りが気になるという方も多いかもしれませんが、
お腹ばかり気にしておなかのトレーニングをしていると、だんだん背中のほうの贅肉も気になってくるようになりませんか?

今回は、そんななかなか自分では見ることのできない背中の贅肉の落とし方を紹介していきたいと思います。

背中の贅肉が気になる!

ダイエットをしたいと思う理由として、お腹の贅肉がまずは気になる方が多いはず。

お腹の脂肪を引き締めて、お腹が少し引き締まってきてもなんだか体が薄くなってくる感じがしない・・・。

それは、背中の贅肉が落とせていないからだと思いませんか?

そんな気になる背中の贅肉を落として、スッキリさせるにはどうすればよいのでしょうか?

背中に贅肉がついてしまう原因

背中に贅肉がついてしまう理由としては、加齢によって肉がたるんでしまうこともありますが、姿勢が悪く、猫背になってしまうことも原因となります。

前かがみになったり、猫背になってしまうと、背中の筋肉があまり使われず、筋肉が衰えて、脂肪が溜まりやすくなってしまうのです。

背中の筋肉を鍛えて、姿勢を正すというところが背中痩せの基本になってきますね。

背中の筋肉を鍛える方法

実際に、私が行っている、背中の筋肉のトレーニングの方法を紹介します。

-1.まずまっすぐ立ちます。

-2.次に、両手を前に広げ、左足を後方に上げて、右足だけで立つようにします。

-3.そのまま、左足と、両腕をぐーっと伸ばしていきます。

-4.伸ばしきったら今度は、ぐーっと縮こまるような体勢になります。

左右それぞれ10回程度行います。

片足で立つのがけっこうキツイので、最初は少ない回数からで、なれてきたら徐々に回数を増やしていくのもいいかもしれません。

-・ダンベルを使ったトレーニング

-1.ダンベルを両手に持ち、足を肩幅に開きまっすぐ立ちます。

-2.そのまま腰のあたりから状態を下げます。

このときダンベルを持った手は、だらーんと下に下げた状態にしてください。

-3.腰と状態が直角になるぐらいまで曲げたら、ダンベルを持った両手を、背中を意識しながら曲げます。

これを、10回×3セット行いましょう。

-・寝転びながらやるトレーニング

-1.うつ伏せになって寝転がります。

-2.お腹を軸にして、上半身と下半身をグッと上に引き上げます。

-3.そのまま腕は胸を広げるようにぐーっと広げ、足はひざを曲げたままぐーっと上に上げます。

これを10回×3セット行います。

どれも、背中の筋肉を意識しながらやると効果的なトレーニングです。

###背中の贅肉の落とし方 まとめ

背中の贅肉って、見えないのでなかなか自分じゃ気にならないかもしれませんが、見えてしまうととても気になる部分です・・・。

しかも、背中の筋肉が衰えてしまうと姿勢も悪くなってしまってかっこ悪いですよね?

背中の筋肉を鍛えて、贅肉を落としてスッキリさせ、姿勢も一緒によくしていきましょうね!

 

あなたに「くびれ」はできません!!

・・・今のままだったら。
 

毎日、運動やストレッチをがんばっても、
なかなかお腹の脂肪は落ちないんですよね・・・。

目に見えて効果が出てこないから、モチベーションも続かない・・・。
 

でも、もし飲むだけで「脂肪燃焼させやすくなるサプリ」があったら、
あなたは試してみたくないですか?

脂肪燃焼しやすくなれば、目に見えて効果が出るため、
モチベーションが続いて、ダイエットも楽しくなります。

ダイエットが楽しくなれば、挫折せずに続けることができます。
ダイエットが続けば痩せることができて、念願の「くびれ」もできます!

WEB限定で2,238円引き・送料無料で、すぐに売り切れになるかもしれないです。
試してみたい方は、お早めに!
>>お腹の脂肪を燃焼しやすくする<<