ぽっこりお腹をへこます体操!簡単にできるエクササイズとは?

シェアする

最近ぽっこりとお腹が出てしまう・・とお悩みのあなた。早めに対策をしておきましょう!お腹には脂肪が溜まりやすいのです。放置していればどんどんウエストは太くなっていってしまいますよ!

簡単な体操を日々続けるだけでも、ぽっこりお腹を解消することができますよ。

この記事ではぽっこりお腹の原因と対策方法を紹介していきます。

ぽっこりお腹の原因

なぜお腹がぽっこり出てしまうのか・・調べてみるととても単純な話でした。

筋肉が衰えている
脂肪が蓄積されている

原因としては、それだけのことです。

対策方法としては、腹筋の強化・カロリーコントロールがあります。

お気に入りの洋服が着られなくなったらショックですよね。
特にウエストがゴムではないジーンズや細身のスカートなどは、お腹が出るとすぐに着られなくなってしまいます。

体操をしてみよう!

ドローイン

有名なのが、「ドローイン」という体操。意識してお腹の筋肉を使うことで腹筋が鍛えられて、ひきしまる、という仕組みです。

ドローインとは日本語では「引っ込める」という意味です。背筋を伸ばして、お腹と背中をくっつけるイメージで、お腹をへこませます。

内臓が正しい位置に戻る、姿勢が良くなる、いつどこでもできる・・などメリットだらけのドローイン。

私もやってみましたが、なかなかキツいです。なにより、正しい姿勢を保つだけでもお腹の筋肉を使っていることに気づかされました。

筋肉が少ないと、姿勢が悪くなるなんて考えたことがありませんでしたが、猫背や丸まった背中の原因になっていたのですね。

ヒジ&ヒザへのクロスタッチ

腹斜筋(ふくしゃきん)を鍛えることができます。

やり方は、①寝転がり両脚を上げます。②右手を頭にあて、左ヒザをタッチします。
約10回行います。反対側も行います。

これはかなりキツいですが、わき腹がとても鍛えられます。またやり方が比較的簡単なので手軽に日常に取り入れることができます。

上体起こし

腹直筋(ふくちょきん)を鍛えることができます。

両脚を上げたまま、ヒジを床から浮かせます。そのまま上体を曲げるようにして、顔をヒザに近づけます。手はまっすぐ前に伸ばしてください。

これはキツイです。お腹の中央部分の脂肪が燃えている感じがします。私は5回ほどで
疲れてしまいました。ゆっくりじっくり行うことで負担を少なくできます。

お腹をへこませる

お腹をへこませたまま、脚を上げてそのままキープします。下っ腹に力を入れることが大切です。

※普段から、下腹部を意識的にへこまし、下腹部に力を入れて過ごすと筋肉が鍛えられて脂肪が燃えやすくなります。

[補足]ぽっこりお腹に効く食べ物

スムージー

置き換えダイエットをご存じでしょうか。

ダイエットの基本となる、カロリーの摂取量を減らして、消費量を増やすことができます。

スムージーには抗酸化作用があり、細胞の老化を防ぎます。

人の細胞は絶えず作り変えられていますが、細胞の老化を防ぐことによって、癌など
になりにくくなります。

また、スムージーに含まれる食品は、お腹の中を綺麗に掃除してくれます。ですから、ぽっこりお腹に有効なのです。

最近はコンビニでも手軽に取り入れることができますから、是非朝食などに置き換えてみてください!

まとめ

ぽっこりお腹を凹ませるうえで大切なことは、お腹の筋肉を意識することです。

脂肪が燃えていれば、ポカポカしてきますので、お腹まわりが温かくなっているかを確かめながら体操を行いましょう。ただやみくもに回数を行うのではなく、効いていると感じつつちょっとキツいくらいでやめるくらいで丁度いいです。

簡単な体操で、ぽっこりお腹を解消してしまいましょう!

 

あなたに「くびれ」はできません!!

・・・今のままだったら。
 

毎日、運動やストレッチをがんばっても、
なかなかお腹の脂肪は落ちないんですよね・・・。

目に見えて効果が出てこないから、モチベーションも続かない・・・。
 

でも、もし飲むだけで「脂肪燃焼させやすくなるサプリ」があったら、
あなたは試してみたくないですか?

脂肪燃焼しやすくなれば、目に見えて効果が出るため、
モチベーションが続いて、ダイエットも楽しくなります。

ダイエットが楽しくなれば、挫折せずに続けることができます。
ダイエットが続けば痩せることができて、念願の「くびれ」もできます!

WEB限定で2,238円引き・送料無料で、すぐに売り切れになるかもしれないです。
試してみたい方は、お早めに!
>>お腹の脂肪を燃焼しやすくする<<