体の中から痩せる!女性の内臓脂肪の効果的な落とし方とは?

シェアする

芸能人のようなスレンダーな体型、女性なら誰でもあこがれますよね。
モデル体型を目指して、厳しいダイエットをしている人もいるかもしれません。

しかしながら、あなたの脂肪は本当にちゃんと「なくなって」いるでしょうか?
目には見えない、内臓脂肪がついているかもしれません。

体脂肪について知る

体脂肪は2種類に分けられます。皮下脂肪内臓脂肪です。

そのうち、内臓脂肪は臓器の周りにつく脂肪のことです。
体の中にある脂肪ゆえ、手でつかむことはできません。そして体型にも現れません。

つまり、目に見えない脂肪 なのです。少し怖いですよね。

一般的に男性のほうが内臓脂肪を溜めこみやすいと言われています。内臓脂肪は落ちやすくつきやすいという特徴を持っています。高カロリーのものを摂取するとすぐに内臓脂肪として蓄えられてしまいます。

2)### 落としやすい内臓脂肪
しかしながら、落としやすいというのは大きな利点になります。その方法をいくつか紹介します。

脂肪をつきにくくしてくれるお茶を飲む

脂肪の吸収を抑えてくれることで有名な「からだすこやか茶」
出典:https://secure-c.cocacola.co.jp/sukoyakacha/

効果は人によって様々なようですが、特に「食事の前に飲む」ことで糖質や脂肪分の吸収を抑えてくれますので、カロリーの高いものを食べる際には効果的です。

焼肉や飲み会の前に飲むといいですね♪

運動をする

内臓脂肪を落とすのは難しくありません。毎日の食事や運動で落とすことができます。
しかも、内臓脂肪は皮下脂肪より落としやすいそうです。びっくりですね。

効果的なのは、酸素を使って運動する「有酸素運動」です。

ウオーキングやマラソンが当てはまります。ただし運動はたまにやるだけではあまり効果がありません。

定期的に有酸素運動を取り入れる必要があります。

ちなみに脂肪は、①内臓脂肪→②皮下脂肪の順番で落ちていきます。意外ではないですか!?私は逆だと思っていました。内臓脂肪は最初に燃料として使われるようです。

皮下脂肪はどちらかというと「蓄える」ための脂肪なので、落としにくいみたいです。

食生活の見直し

日ごろから、お酒の量を控えたり、油っこいものを食べるのを減らす努力をする必要があります。特に毎日晩酌をする人などは内臓脂肪が溜まりやすいので注意です。

内臓脂肪は生活習慣の影響をもろに受ける数値でもあります。毎日繰り返すことが積み重なっていくのですね。これは少し怖いことでもあります。なかなか生活スタイルを整えることは難しいかもしれませんが、パンならご飯に、お酒をお茶に変えていくといった小さなことから取り組んでいくのがいいでしょう。

内臓脂肪の危険性 解決のカギとなるのは「有酸素運動」

内臓脂肪は、放置していると命に係わる病気に繋がる危険性があります。内臓脂肪が肥大化すると、動脈硬化・心筋梗塞・糖尿病などの生活習慣病のリスクが高まります。

繰り返しになりますが、内臓脂肪を落とす上で一番大切なのは有酸素運動です。

ジムなどで1~2時間の長時間を運動するよりも、**日常生活の中でこまめに有酸素運動をすることが有効だそうです。30分を1回よりも10分を5回、こまめに分けてやることが大切だそうです。これなら手軽にできそうですね♪

まとめ

内臓脂肪は落としやすくつきやすい脂肪。健康製品を取り入れる、食事・運動に気を付ける、有酸素運動を意識的に日常に取り入れることが大切です。

一日10分程度でも軽い運動をすることならば誰でも取り入れることができるのではないでしょうか。毎日コツコツ続けることを意識したいですね。

 

あなたに「くびれ」はできません!!

・・・今のままだったら。
 

毎日、運動やストレッチをがんばっても、
なかなかお腹の脂肪は落ちないんですよね・・・。

目に見えて効果が出てこないから、モチベーションも続かない・・・。
 

でも、もし飲むだけで「脂肪燃焼させやすくなるサプリ」があったら、
あなたは試してみたくないですか?

脂肪燃焼しやすくなれば、目に見えて効果が出るため、
モチベーションが続いて、ダイエットも楽しくなります。

ダイエットが楽しくなれば、挫折せずに続けることができます。
ダイエットが続けば痩せることができて、念願の「くびれ」もできます!

WEB限定で2,238円引き・送料無料で、すぐに売り切れになるかもしれないです。
試してみたい方は、お早めに!
>>お腹の脂肪を燃焼しやすくする<<