1週間でくびれを作れるダイエット方法を紹介!

シェアする

キュッと引き締まったくびれ、女性なら憧れてしまいますよね。

でも、くびれなんてそんなに簡単に出来ないでしょ?なんて思っていませんか?

実は、くびれは短期間で作ることができるんです。

1週間で、くびれを作れちゃう、そんなダイエット方法を紹介していきたいと思います。

くびれを作る筋肉「腹斜筋」

くびれというのは、おなかの周りを支えている筋肉である「腹斜筋」という筋肉が引き締まることにより、できていきます。

しかし、この腹斜筋、普段の生活の中では使われることはあまりありません。

筋肉というのは、使わないとどんどん衰えていってしまいます。

くびれがない、と悩んでいる方は、使われない腹斜筋が衰えてしまっているということですね。

しかし、普段使われていない、ということは、意識して使うようにすれば逆に意識してその筋肉を使うことによって、引き締めやすいということでもあるんですよ!

### 1週間でくびれを作るダイエット方法!

くびれを作るには、腹斜筋を鍛えるのが効果的だということがわかりましたね。

では、腹斜筋を鍛えるダイエット方法には、どんなものがあるのか、紹介していきたいと思います。

-・ロシアンツイスト

-1.ひざを立てて座ります。

-2.上体を少し後ろに倒し、腹筋に力を入れます。

-3.上体を倒した上体で、左右に体をひねります。

これ、簡単だけどかなり効いてるのを実感できます。

体をひねるときに、ダンベルを持って負荷をかけることで、さらに効果をあげることができます。

-・バイシクルクランチ

-1.仰向けに寝転がります。

-2.両手で頭の後ろを支え、持ち上げるように上体を少し起こします。

-3.左ひじと右ひざを近づけるようにしながら腹筋に力を入れます。

左右合わせて30回行いましょう。

自転車をこいでいるような動きから、バイシクルクランチという名前のトレーニングなんですよ。

ひねりながら腹筋をするので、かなり腹斜筋に効きます。

-・ひざ倒し

-1.仰向けに寝転がります。

-2.ひざを曲げながら足をあげ、腰から下と床が直角になるように、膝下と床が平行になるようにします。

-3.その状態から、腰をひねりながら足を床に近づけていきます。

左右合わせて30回行いましょう。

寝ながらできるくびれトレーニングです。

トレーニングする時間がなかった日でも、ベッドで寝る前に、思いついたときに行うことができますね!

1週間でくびれを作るダイエット方法 まとめ

どのトレーニングも、体をひねることに重点をおいていますね。

くびれを作るには、ひねる動きが重要だということがわかります。

なかなかダイエットが続かないという人も、一週間、頑張って続けてみてください。

一週間で、きっと憧れのくびれを作ることができますよ!ぜひお試しください!

 

あなたに「くびれ」はできません!!

・・・今のままだったら。
 

毎日、運動やストレッチをがんばっても、
なかなかお腹の脂肪は落ちないんですよね・・・。

目に見えて効果が出てこないから、モチベーションも続かない・・・。
 

でも、もし飲むだけで「脂肪燃焼させやすくなるサプリ」があったら、
あなたは試してみたくないですか?

脂肪燃焼しやすくなれば、目に見えて効果が出るため、
モチベーションが続いて、ダイエットも楽しくなります。

ダイエットが楽しくなれば、挫折せずに続けることができます。
ダイエットが続けば痩せることができて、念願の「くびれ」もできます!

WEB限定で2,238円引き・送料無料で、すぐに売り切れになるかもしれないです。
試してみたい方は、お早めに!
>>お腹の脂肪を燃焼しやすくする<<