お腹ぽっこりを改善!へそ下から痩せる方法とは?

シェアする

ぽっこりお腹でお悩みの方は多いと思います。
特にへそ下からたるんでしまっている・・となるとジーンズが入らなかったりして大変ですよね。

この記事ではぽっこりお腹の対策方法を紹介します。

姿勢を良くする

お腹と背中をくっつけるイメージで、背筋を伸ばしてみてください。その姿勢を一日のなかで出来るだけ維持します。

お腹周りが奥に引っ込んだのが実感できると思います。イメージとしてはデスクワークをしているOLさんがわかりやすいでしょう。ピンと背筋を伸ばして机に向かっていますよね。

これだけで、自然とお腹周りの筋肉が鍛えられていきます。
私はこの姿勢をとると、トイレが近くなります。
自然とお腹のガスも出るようになり、腸全体がスッキリした感じがします。

お腹周り、特にへそより下の部分は水分や食事がたまりやすい場合でもあるのですね。

私はコーヒーをよく飲むのですが、飲みすぎるとパンパンに下腹部が膨れ上がって、ジーンズが入らないことがよくあります。同様に食べ過ぎてもそうなります。

けれど、姿勢を真っすぐにして、お腹と背中をくっつけるイメージでいると、だんだん治ってきます(元の位置に引っ張りあげられる感じ)

腹筋をやるのがキツいという人は、お腹と背中をくっつける姿勢を意識するだけでもだいぶ違いますのでお試しください!

便秘を解消する

ぽっこりお腹に大敵なのが「便秘」です。便通が3日以上無い場合です。便秘を解消するために、下剤を使ったりする方法もありますが、発想を変えて、食べて出すということができます。

実際のところ、便通は食べなければ出ないのです。

私は便秘気味で6日以上便通が出ないことがありますが、下剤は使っていません。
そのかわり、バナナや納豆、スムージーなどをどんどん食べるようにしています。
すると、ある時自然に押し出されるようにして便通があります。

便が出た後のお腹はとってもスッキリしていて、内容物がキレイになくなっているのを実感します。下剤だと腸の力ではなく無理やり出すので、こういった快感は味わうことはできません。

ですので、食べて出すこの方法をオススメします。どうしても途中苦しいときは、ウエストをゴム製のものに変えて、自然な排便を待つと良いでしょう。

マッサージをする

下腹部がぽっこり膨れてしまうのは、何かしらの内容物が詰まっている可能性が高いです。
ですので、お風呂あがりなどにボディークリームを塗ってお腹全体をまんべんなくマッサージしてみましょう。

また、お腹の中のガスを抜くことも有効なので、リラックスする時間をつくる、一人になる時間をつくる、なども有効です。

私がやっているのは、一人でベッドに横たわり、ゴロゴロしてリラックスするということです。誰もいない部屋ならリラックスしてガス抜きもできますね。恥ずかしい話ではありません、腸に内容物が詰まりすぎると、腸閉塞などの重篤な疾患につながることもあります。

アロマオイル、間接照明などでリラックスできる空間を作り出しましょう。雑誌によく載っているので参考にしましょう。

まとめ

ぽっこりお腹を解消するためには、姿勢を正しくすること・便秘を解消する・リラックスする時間をつくるということが重要でした。

お腹周りの脂肪はもともと落ちにくいようになっているので、長い期間をかけて徐々に解消していきましょう。ただのぽっこりお腹だと思って放置していたら、実は腸に内容物が
つまっていたり、こびりついていたりする症状が出ているかもしれませんので注意が必要です。

 

あなたに「くびれ」はできません!!

・・・今のままだったら。
 

毎日、運動やストレッチをがんばっても、
なかなかお腹の脂肪は落ちないんですよね・・・。

目に見えて効果が出てこないから、モチベーションも続かない・・・。
 

でも、もし飲むだけで「脂肪燃焼させやすくなるサプリ」があったら、
あなたは試してみたくないですか?

脂肪燃焼しやすくなれば、目に見えて効果が出るため、
モチベーションが続いて、ダイエットも楽しくなります。

ダイエットが楽しくなれば、挫折せずに続けることができます。
ダイエットが続けば痩せることができて、念願の「くびれ」もできます!

WEB限定で2,238円引き・送料無料で、すぐに売り切れになるかもしれないです。
試してみたい方は、お早めに!
>>お腹の脂肪を燃焼しやすくする<<