腹をへこます!効果的な2つの筋トレ方法とは?

くびれ・筋トレ

「何でお腹は、ぽっこりするの?」
食べる量も制限しているのに、なぜかぽっこりするお腹。

それは、筋肉で臓器を支えきれていないためです。
それでなくても、年々人の体は重力で下に落ちてきています…

しっかりと筋肉を鍛えて、支えてあげましょう☆

お腹へこましには、腹筋を鍛える!

お腹をへこませるためには、腹筋を鍛える!
というのは、真っ先に思いつくことですよね。

体を仰向けにして行う腹筋…
実はこれ、1回に70回×3セット行わないと効果が
表れないんです。

しかも、腰が悪い方にこの筋トレはキツイものです。

そこでオススメしたいのが、次の筋トレ方法です☆

まず腕立て伏せのポーズを取ってください。
その時、手のひらで体を支えるのではなく
ひじを立てて体を支えます。

足はつま先立ちでいきましょう!

手と足は、両方とも肩幅に広げてくださいね。

その体勢を30秒キープしてください!

初めてのトレーニングの時は、背中や腕にきますよね。
でも、お腹を意識して力を入れてみてください!

初めは30秒続かないかもしれませんが、
無理をせずにだんだん30秒に近づけていきましょう!

この筋トレは、
「30秒→15秒休憩」を3セットすれば完了です☆

1週間やるだけで、お腹のへこみを実感できるので
やる気が出やすい筋トレ法です!

もっと腹筋に負荷をかけるには!?

先ほどの筋トレをマスターしたあなたは、もっと腹筋に負荷をかけてみましょう。

やり方は、簡単!
先ほどの筋トレを30秒したら、次にお尻をきゅっと上にあげましょう。

そして30秒キープ!
30秒経ったら、ゆっくり元の体勢に戻ります。

これで1セット完了です☆

慣れてきたら3セット行いましょう!

やり方は簡単ですが、実際にやってみるととっても難しい…
インナーマッスルがないと辛いんです。

ただ、これができるようになると
腹筋だけでなく、インナーマッスルも鍛えられるので
がんばりましょう!

お尻を上げる時のポイントは2つです。

  • 頭をぐっと内側に入れる

  • 腕を斜めにしっかり伸ばす

慣れてきたら、全身鏡の前でトレーニングをしてみましょう。
自分の変な癖が見つかるかもしれません!

まとめ

  • お腹をへこませるには、腹筋を鍛えるトレーニングを!

  • 仰向けでやる腹筋ではなく、腕立て伏せの体勢でトレーニングを!

  • お腹に負荷をかけるため、お腹に力を入れてトレーニングを!

比較的効果がでやすい筋トレをご紹介しましたが、
もっと効果を早く実感したい場合は、日常の動作も気を付けましょう。

デスクワークの時は、姿勢を正して
お腹に力を入れましょう。

そしてエレベーターの代わりに階段を使うなどして
運動量自体も増やしてみましょう。

通勤中に座らずに、立っておくだけでも
筋肉はつくそうですよ♪

タイトルとURLをコピーしました