くびれのための腹筋を鍛える筋トレを紹介!

シェアする

ダイエットで引き締めたい部分の上位にあがるのは、ウエストですよね。

実は、ウエストのくびれを作るためには、ただ腹筋を鍛えるだけではダメなんです。

引き締まったくびれを作るための、「くびれのための」腹筋の筋トレ方法を紹介していきたいと思います。

くびれを作るための筋肉

普通にただ、腹筋をしているだけでは、お腹の正面の筋肉を鍛えるだけになってしまいます。

これではいつまでたってもくびれは作れません。

くびれに必要なのは、お腹の横の部分にある筋肉「腹斜筋」を鍛えなければいけません。

腹斜筋というのは、お腹の両サイドに位置する筋肉で、くびれを作るために非常に重要な筋肉です。

この筋肉は、普段普通に生活しているだけではなかなか使われない筋肉であるため、

衰えやすくなっています。

筋肉は使われないとどんどん衰えていくのです。

だから、くびれのない人は、ここの筋肉を鍛えれば、くびれが作れるというわけですね!

また、筋トレをして、筋肉を作ることにより、代謝をアップさせることもできます♪

代謝を上げれば、通常の生活の中での消費エネルギーも増えますので、体脂肪が燃えて痩せやすいからだになっていきます♪

くびれを作るための筋トレ方法

くびれ作りのために効果的な腹筋の筋トレ方法を紹介します!

-・クロスクランチ

-①床に仰向けになります。
-②上体を起こすと同時に右ひざを左ひじにぶつけるようにし、体をひねります。

そのまま連続して10回行います。
ひじとひざを左右入れ替えて、3セットを目安に行いましょう。

-・バイシクルクランチ

-①床に仰向けに寝て、脚を直角にまげて持ち上げ、お腹に力を入れて頭と肩を浮かせます。

-②左ひじを胸方向にぐっとひきつけながら、右足をまっすぐのばし、脇腹からひねって
右ひじと左ひざを近づけます。
-③つぎに逆のひじとひざも同じように行います。
これを交互に繰り返します。

10回を3セット行いましょう。

-・ロシアンツイスト

-①ひざを曲げて仰向けになります。足先は固定します。

-②上半身が太ももとV字になるように起こします。

-③両手でダンベルを持ち、腕と体を垂直になるように伸ばします。

-④息を吐きながら上体をゆっくりひねります。

左右両方合わせて30回行いましょう。

-・ひざ倒し

-①仰向けに寝た状態で両膝をまげて立てます。

-②両手はまっすぐにして体の横に置きます。

-③両膝をそろえたまま床につくまで腰をひねるようにして横に倒していきます。

-④両膝をたてて戻し、反対も同様に行います。

くびれを作る筋トレ方法 まとめ

くびれを作るための体をひねる動作。日常生活ではあまり行わないので、

きちんとくびれを意識しながら腹筋を鍛える筋トレをすることが重要なんですね。

クランチ系はけっこうキツいのですが、だからこそ効果を感じられる気がしますよ!

ひざ倒しなんかは、寝ながら簡単にできるので、寝る前に毎日やると効果的ですよ!!

くびれにとって重要な腹斜筋を鍛える筋トレをして、引き締まったくびれを手に入れていきましょう♪

 

あなたに「くびれ」はできません!!

・・・今のままだったら。
 

毎日、運動やストレッチをがんばっても、
なかなかお腹の脂肪は落ちないんですよね・・・。

目に見えて効果が出てこないから、モチベーションも続かない・・・。
 

でも、もし飲むだけで「脂肪燃焼させやすくなるサプリ」があったら、
あなたは試してみたくないですか?

脂肪燃焼しやすくなれば、目に見えて効果が出るため、
モチベーションが続いて、ダイエットも楽しくなります。

ダイエットが楽しくなれば、挫折せずに続けることができます。
ダイエットが続けば痩せることができて、念願の「くびれ」もできます!

WEB限定で2,238円引き・送料無料で、すぐに売り切れになるかもしれないです。
試してみたい方は、お早めに!
>>お腹の脂肪を燃焼しやすくする<<