くびれもできる!?バランスボールの優れた効果とは?

シェアする

きゅっと引き締まったくびれ、憧れですよね!
最近ではバランスボールを使った運動が注目されています。

本記事を読んで、バランスボールの効果を是非チェックしてくださいね♪

理想のくびれのイメージを持つ

まずは目標とするくびれのイメージを頭に叩き込みましょう。
なりたい姿をイメージすることはダイエットの基本です。

多くの芸能人が雑誌で見事なくびれを披露しています。

私が健康的できれいなくびれの持ち主だなと思うのは
有村架純さん、本田翼さん、泉里香さん、紗栄子さん、深田恭子さんなどです。

どのくびれも、丸みを帯びていて、綺麗な曲線があります。細いというだけでなく、カーブを描いているのがポイントですね。

細すぎて曲線ではなく「棒」のような体型はあまり健康的とはいえないでしょう。

バランスボールの効果

バランスボールは、有酸素運動です。脂肪を燃やしてくれるのに最適な運動ですね。

さらに「インナーマッスル」という体の内側の筋肉を鍛えることもできます。

バランスボールの上で姿勢を保つだけでも大変だと思いますが、全身の筋肉をまんべんなく鍛えてくれる優れた効果があるのであきらめずに継続しましょう。

さらに嬉しいのが、「腰痛」を改善してくれる効果があることです。

普段デスクワークでずっと同じ姿勢の人は、バランスボールで筋肉のコリをほぐしてみてはいかがでしょうか。

商品レビューでは、総合評価として4.37と高評価です。

  • ヘルニア持ちでも良くなった
  • 腰の痛みが消えた、便秘が解消された
  • 1週間ほどで腰の痛みがほとんど感じなくなった
  • 部屋の中に置くのは丁度いいサイズ

ちなみに、バランスボールは作家の瀬戸内寂聴さんも愛用していたそうな。

くびれができる仕組み

「くびれボディメイク」と呼ばれるように、最近は体型もメイクの一環として捉えることがあります。

くびれはそもそもどうやって作られるのでしょうか。

最大のヒントは、脇腹です。脇腹をいかにねじりながら鍛えていくか、にかかっています。

そこで大切になるのが「ひねる」運動。脇腹に刺激を与えるためですね。

私が最近ハマっているのは、開脚をしたまま両手を頭の上にのせて、上半身を左右にひねるという運動です。

もろに脇腹に負担がかかりますから、簡単にくびれメイクができます。

バランスボールは主に全身の筋肉を鍛えるための運動になりがちです。
くびれを作るためにはバランスボールだけでは足りないかもしれませんね。

意識的に「腰ひねり」を取り入れてみてください。

痩せすぎに注意

太っていると、くびれがなくなると言われますが、実は痩せすぎもくびれを無くしてしまう要因になります。

痩せていると、からだのラインは真っすぐで綺麗ですが、
凹凸が無くなってくびれ自体もほとんど消えてしまっている場合が多いです。

体重を適正体重ほどに保ち、かつ腰回りのエクササイズを欠かさない。
これが健康的なくびれをつくるうえでの大前提です。

適正体重はBMIという数値で計算できます。
人はBMIが22のとき最も健康的だということになっています。
出典:http://keisan.casio.jp/exec/system/1161228732

また、くびれを作るにはある程度の脂肪がついている必要もあります。

ふっくらした柔らかそうなボディーというのは、ほどほどに脂肪が乗っていないと作れません。

まとめ

くびれを作る方法を紹介しました。
適度な脂肪がついていることが必要なこと、「ひねる」運動を大事にすることがポイントでした。

芸能人のくびれを作る方法は雑誌などに掲載されていることが多いですから、こまめにメディアをチェックしてくださいね。

 

あなたに「くびれ」はできません!!

・・・今のままだったら。
 

毎日、運動やストレッチをがんばっても、
なかなかお腹の脂肪は落ちないんですよね・・・。

目に見えて効果が出てこないから、モチベーションも続かない・・・。
 

でも、もし飲むだけで「脂肪燃焼させやすくなるサプリ」があったら、
あなたは試してみたくないですか?

脂肪燃焼しやすくなれば、目に見えて効果が出るため、
モチベーションが続いて、ダイエットも楽しくなります。

ダイエットが楽しくなれば、挫折せずに続けることができます。
ダイエットが続けば痩せることができて、念願の「くびれ」もできます!

WEB限定で2,238円引き・送料無料で、すぐに売り切れになるかもしれないです。
試してみたい方は、お早めに!
>>お腹の脂肪を燃焼しやすくする<<