簡単過ぎる!?ぽっこりお腹に効く5秒腹筋とは?

くびれ・筋トレ

運動好きですか?
私はできれば動きたくないです…
でも、体重は増えてしまうし体系は崩れていきます。

そんな運動が好きじゃないひともやりやすい腹筋方法がテレビで紹介され話題になっています!

日々つづけていみると、お腹周りがひきしまりますよ!

松井先生直伝 5秒腹筋

やり方ご紹介します!

5秒の腹筋を立ったまま実施します

まずは姿勢

グーにした両手を背面にもっていき、小指を首元にあてます。

お腹を意識します

高い位置に肘をあげて、お腹周りの筋肉を伸ばします。

お腹に力を入れます

一歩前に足を踏み出し、ゆっくり息を吐いて意識的に上半身を前に倒して行きます。この時にお腹に力を入れて行きます。

1日どれぐらい?

ここまでを1回として、1日10回を3セット実施するのが効果的ですよ

イメージが大事です

お腹に空き缶があるイメージをします。
腹筋をする際に、その空き缶が潰れていくイメージをします。

こういったイメージが、お腹に力を入れやすくしますよ!

本来、人間は全ての力を出し切って行きているわけではないんですね。
なので、脳を騙して、目一杯力を発揮させることで効果的なエクササイズができるんです。

ついでに二の腕も痩せちゃおう!

もちろんイメージが大事ですよ!

まずは姿勢!

片方の手を腰の後ろに回します。もう片方の手で軽くふれます。

筋肉を意識します!

回した腕をめいっぱい下に伸ばし、外側に手首をねじります。

もう片方の手もやりましょう

両腕1回ずつ、実施します。

イメージはレモンしぼり

絞り機でレモンやオレンジを絞るようなイメージで腕をねじるのがコツですよ!

まとめ

とても簡単ですよね!

実際にやってみると、簡単さが実感できると思いますよ!
まずは、やってみることの一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました