体脂肪40パーセントの女性は肥満なの?

シェアする

体重計に体脂肪率が出るものも多いです。

痩せるには、現在の体重を知っておくべきですよね。
恐る恐る、体重計に乗ってみると・・・!?

・・・見てみたら、体脂肪が40パーセント・・・!?
これって、多いのかな?

今回は、体脂肪率についてです。

理想の体脂肪率ってどのくらい?

体脂肪率とは、体脂肪の重さが体重の何パーセントにあたるかというもの。
その体脂肪というのは、皮下脂肪や内臓脂肪のことをいいます。

式であらわすと、
体脂肪率(%)=体脂肪量(kg)÷体重(kg)×100

性別や年齢によって標準の数値は変わります。
体脂肪率判定表というのがありますので、一度自分がどれくらいなのか調べてみるといいですね。

実は22~23%ぐらいが理想的!

体脂肪には悪いイメージがありますよね?

でも実際は、人が生きるために必要なエネルギーを貯めておいたり、
内蔵を保護するという大切な役目があるんです。

多すぎるのはもちろん良くないことですが、少なすぎるのもダメなんです。
ちょうどいいのがベストなんでしょうが、それが難しいですよね!

体脂肪が増えすぎていわゆる「肥満」になってしまうと、
生活習慣病のリスクまで上がってしまうので注意しましょう。

女性らしい丸みはあって余分な脂肪はない、こんな理想的なスタイルの場合、
実は体脂肪率でいうと22~23%なんです!
意外でしたか?

理想のキレイをめざしましょう!

ダイエット中、体重は減っていても体脂肪率は減っていないという場合、
脂肪ではなく筋肉が落ちていることがあります。
体脂肪率をチェックしていると、こんなことが分かるんですね。

一般的に、年齢とともに筋肉は落ちて、体脂肪がふえていきます。

体重が若い頃と同じでも、体脂肪率は増えているので、
かくれ肥満になっている可能性が高いのです。

筋肉は落とさず体脂肪だけ減らすというのが、本当のダイエットです。

食事制限だけのダイエットではなく、運動も組み合わせたりして、
基礎代謝量を高めて体脂肪のつきにくい体をつくりましょう。

基本的は筋トレでいいので、
上半身と下半身まんべんなく筋肉をつけるようにしましょう。

腕立て伏せ、腹筋上体起こし、背筋運動、スクワットなどですね。

バランスよく痩せるのってむずかしいですね・・・

体脂肪を落としすぎないで!

体脂肪の落としすぎは危険です!

体脂肪率は低いほどいいように思われがちですが、実はそうではありません。

体脂肪率が低すぎる結果、ホルモンバランスが崩れてしまって、
様々な体調不良に陥ってしまいかねません。

女性ホルモンは、食べ物では補給できません。

体内環境を整えて、体内から分泌される量を増やすしかないのです。
女性らしい体を保つためにも、体脂肪率は落としすぎてはいけません。

体脂肪率を上げる方法

太りにくい体質の人って胃腸が弱いイメージです。
食べたものの栄養が吸収されにくいので、脂肪として貯めておけないんですね。

肉よりも栄養があって吸収力もある白米を食べるようにしましょう。
キムチや納豆などの発酵物を食べて酵素をとり、栄養を吸収しましょう。

プロテインもいいですね。
カレーを作るなら、鶏のモモを使いましょう。

体脂肪を増やさなければならないなんて、うらやましいかぎりですが、
これも結構大変そうですね!

体脂肪の調節が簡単に出来たら苦労しませんよね。

まとめ

やはり、体の脂肪の割合なので、
多いとそれだけ太っているってことになりますね。

しかし、逆に体脂肪率が低すぎることも問題であり、
どうにか、平均の22~23%辺りにしておきたいですね。

 

あなたに「くびれ」はできません!!

・・・今のままだったら。
 

毎日、運動やストレッチをがんばっても、
なかなかお腹の脂肪は落ちないんですよね・・・。

目に見えて効果が出てこないから、モチベーションも続かない・・・。
 

でも、もし飲むだけで「脂肪燃焼させやすくなるサプリ」があったら、
あなたは試してみたくないですか?

脂肪燃焼しやすくなれば、目に見えて効果が出るため、
モチベーションが続いて、ダイエットも楽しくなります。

ダイエットが楽しくなれば、挫折せずに続けることができます。
ダイエットが続けば痩せることができて、念願の「くびれ」もできます!

WEB限定で2,238円引き・送料無料で、すぐに売り切れになるかもしれないです。
試してみたい方は、お早めに!
>>お腹の脂肪を燃焼しやすくする<<