意外と簡単!?体脂肪を一キロ減らすには?

シェアする

理想の体型になるために、体重を落とす必要があります。
そのために、まずは1kg。

でも、その1kgってどれくらいで落とせるの?
そんな疑問を調べてみました。

脂肪のカロリー

栄養学では、摂取する脂肪1gを9kcalで計算します。
体の脂肪には約20%の水分が含まれていますので、実際はその80%の7kcalで燃焼させることができます。

脂肪を1g減らすには7kcal必要なわけで、運動で減量する場合はかなりの努力が必要です。

1kg痩せるために必要な消費カロリー

体脂肪を1kg減らすための消費カロリーは、栄養学の計算上7000kcalになりますよね。
摂取したカロリーよりも7000kcal多く消費しなければ1kg痩せないということです。

消費カロリーを見てわかるように、7000kcalを運動で消費するのはかなり大変です。

しかし、毎日少しずつ消費カロリーを増やす、または摂取するカロリーを抑えることができれば
体脂肪を燃焼させることができるわけです。

太ってから痩せるのはとても苦労しますので、日頃から摂取カロリーと消費カロリーを意識して生活することが大切です。

7000kcal消費する方法

腹囲を1cm減らすには、約1kgの内臓脂肪を減らすことに相当します。
その1kgの内臓脂肪を減らすには、約7000kcalを消費しなければなりません。

7000kcalのエネルギーというのは、なんとフルマラソン3回分のエネルギー!
・・・そう考えると気が遠くなりますよね。

でも、この7000kcalを1~3か月で消費すると考えると・・・
ダイエットが少し現実的になりませんか?

ダイエットの基本は、「消費カロリー」>「摂取カロリー」にすること。
1kgの脂肪を減らすには、7000kcal分の摂取を減らすか消費を増やす、または両方同時に行うしかありません。

では、1日にどれくらいのペースで進めたらいいのでしょう。
リバウンドを避けるために、ダイエットは緩やかなペースで時間をかけ、少しずつ体重を減らしていくことが理想です。

例えば、1か月に1kg減らすことを目標にする場合、1日に230kcal減らせばいい計算になります。
食べ物でいうならご飯1杯(140g)、運動なら速歩で約80分のエネルギー量です。

一般の社会人が普段の生活の中で1日80分歩くというのは、時間的にちょっと厳しいかもしれませんよね。

そうなると、ご飯1杯をカットする方が割と現実的な方法ではないでしょうか。

食後活動することのない夕飯のときのご飯を我慢してみるのはいかかですか?

それではお腹が空いてしまって仕方ない、食べた気がしないからストレスがたまっちゃう、という人もいるかもしれません。
そんな人は白いご飯を玉こんにゃくに置き換えてみましょう。

玉こんにゃくは、味付けにもよりますが5~6粒で50kcalほどなので、200kcalはカットできることになります。

もちろんそれでも230kcalカットには届かないので速歩を加えなければならないと思いますよね?

速歩だけで230kcalカットするには80分必要ですが、すでに200kcal程カットできているので、実質あと30kcal程消費できればいいわけです。
80分の速歩が20~30分で済むということですから、普通の社会人でも毎日実現可能になってきますね。

まとめ

1kgを痩せるために、どれだけをすればいいか分かれば、あとはやるだけです。

毎日、着実にカロリーカットをしていけば、
結果は、自然と後から付いてきます。

まずは1kgから!!

理想の体型になるために、できることからしていきましょう!!

 

あなたに「くびれ」はできません!!

・・・今のままだったら。
 

毎日、運動やストレッチをがんばっても、
なかなかお腹の脂肪は落ちないんですよね・・・。

目に見えて効果が出てこないから、モチベーションも続かない・・・。
 

でも、もし飲むだけで「脂肪燃焼させやすくなるサプリ」があったら、
あなたは試してみたくないですか?

脂肪燃焼しやすくなれば、目に見えて効果が出るため、
モチベーションが続いて、ダイエットも楽しくなります。

ダイエットが楽しくなれば、挫折せずに続けることができます。
ダイエットが続けば痩せることができて、念願の「くびれ」もできます!

WEB限定で2,238円引き・送料無料で、すぐに売り切れになるかもしれないです。
試してみたい方は、お早めに!
>>お腹の脂肪を燃焼しやすくする<<